過払い金があるかもしれない!と思ったら

消費者金融等からお金を借りた時に問題になる事のひとつに過払いの問題があります。しかも、借金の過払いの問題が厄介なのは過払いになっている事に本人が気づいていない事が多い点です。その最大の理由は消費者金融からお金を借りた本人は消費者金融からお金を貸してもらったという意識があって普通に借金を返済しているだけと思っているからです。ですから、本来は払う必要がない利息まで払っているという意識が全くない事が多いのです。

そのせいでいつまで経っても利息の支払いをして全く元金の返済ができない状態が続いても不思議に感じない人がいます。もちろん、中にはいつまで経っても借金を完済できない事に疑問を感じる人もいます。ですが、それで借金の過払いの状態になっているという風には考えない人が多いのが問題です。

また過払いになっていると思ってもその事を自分で消費者金融に伝えても丸め込められてしまって何も解決しないです。ですから、消費者金融からお金を借りた時に過払いの疑いがある時はすぐに弁護士に相談した方が良いです。そうすれば思った以上に簡単に弁護士が過払いの問題を解決してくれます。それによってそれまで払い過ぎた分も返ってくる事もあるので過払いの疑いがある時は弁護士に相談するのが一番です。

弁護士に相談するのが手っ取り早い

長い間消費者金融で借りていた人は、すでに過払い金が発生していることが考えられます。完済している状態での過払い金請求は、完済から10年間しか請求することができませんし、万一業者が倒産しているともう回収は不可能に近いですので、気になっているのなら出来るだけ早くに対処しなくてはいけません。

自分の借金に過払い金が発生しているのかどうかを自分で計算することは非常に難しいですし、個人で消費者金融相手に請求するのも大変です。まずは弁護士に相談して、自分の借金では一体どれだけの過払い金があるのか調べてもらうことから始めてみましょう。弁護士に依頼すると自分の代理人として請求や手続き、支払いの交渉をしてもらえます。成功報酬や着手金は必要になりますが、できるだけ早くに解決して過払い金を受け取りたいのなら弁護士に依頼するのが近道です。

過払い金は実際に発生していても満額を取り戻すには時間がかかります。業者側もできることなら払いたくないので、交渉を引き伸ばしてきます。弁護士を間に挟めばそのような面倒な交渉に時間を割くこともありません。満額を取り戻すことは時間もかかり難しいのですが、ある程度の額で納得できれば過払い金として支払いすぎた利息を取り戻すことができます。

過払い金が時効になる前に

過去に借金の返済を行なっていた方の中にはかつて消費者金融などで適用されていた「グレーゾーン金利」によって現在よりも高い利息を請求され、過払い金を支払っていた方も少なくありません。そのような方は金融機関に過払い金請求を行なうことで、払い過ぎていた金額を取り戻すことができる可能性があります。

過払い金請求には時効があるため、自分が利息を払い過ぎていたということに気づかずに期間が過ぎてしまう場合もあるため、心当たりのある方は今一度確認してみることをおすすめします。とくに長期にわたって返済を行なっていた方はそれだけ利息を支払っていた期間も長いため、それが不当に高い利息であった場合には過払い金請求によって多くのお金が返ってくることがあります。

過払い金請求は個人でも行なうことができますが、法律など細かい情報を正しく認識して交渉を行わなければならないため、過払い金が返ってくるまで長期に渡る交渉が必要になる場合もあります。そのため借金問題や法律に詳しい弁護士に依頼することもひとつの方法です。弁護士に依頼することで、クライアントの要件を聞いた弁護士が代理人として一切の交渉を請け負ってくれます。弁護士費用はかかりますが、よりスピーディで確実に過払い金請求を行いたいという方は、専門家に頼ることも視野に入れておくとよいかもしれません。